3つの材料でできるチョコバナナケーキのレシピ!調理時間は4~5分で簡単に作れます!

野菜のおかず・スイーツを3材料で作る!

今回は私オリジナルの、3つの材料でできる「チョコバナナケーキ」のレシピを紹介します!

スイーツ作りは何かと必要な材料が多かったり、工程が多くて手間がかかったりと大変ですが、

このチョコバナナケーキのレシピは必要な材料は3つだけで、

調理時間も4〜5分と短く、簡単に作ることができます!

また、今回は高カカオチョコレートを使っており、健康的なところもおすすめです!

特に難しい工程はありませんが、私が気をつけている調理のコツや、おすすめ・こだわりポイントなども併せて解説していきます!

今回使う3つの材料は?(1人前)

材料

バナナ 2本
高カカオチョコレート 50g
ココアパウダー お好みで

今回使う材料は以上の3つのみで、この他に調味料なども使いません。

最悪、ココアパウダ―も無くてもおいしいので、バナナと高カカオチョコレートさえあれば作ることができます!

今回私は明治の「チョコレート効果 カカオ72%」を使用しました。

「カカオ86%」、「カカオ95%」でも、バナナの甘みでおいしく食べられますが、私的には「カカオ72%」くらいがちょうどいいのでおすすめです!

また、私は高カカオチョコレート単体でも好きなので問題ありませんが、高カカオチョコレートの苦みが苦手な方は、甘めのバナナを選ぶのも良いと思います!

今回は、私も甘めのバナナを選び、シュガースポット(黒い斑点)が出てきているものを使用しました。

ちなみに、チョコレート効果には砂糖や添加物が含まれているので、より健康を求めるのであれば、オーガニックの高カカオチョコレートを使うのもありです!

業務スーパーのオーガニックチョコレートは比較的に安いのでおすすめです!

私は健康に気を遣って高カカオチョコレートを使っていますが、あまり気にしていない方や苦みが苦手な方は、普通のミルクチョコレートで作ってもおいしいと思います。

調理の手順とポイント!

バナナをフォークなどで潰す

皮を剥いたバナナ2本を器に入れ、フォークなどでしっかりと潰します。

バナナの食感を残したい方は粗めに潰してもいいですが、私は舌触りがなめらかな方が好きなので、できる限りしっかりと潰します。

チョコレートを入れて電子レンジでチンする

高カカオチョコレート50gを入れて、500wの電子レンジで2分ほどチンします。

種類によって違いますが、今回使った明治のチョコレート効果は、1袋5gなので10袋で50gです。

ただ、今回はバナナが大きかったので、2袋多く入れました。

チョコレートを入れる量は、好みもあると思うので50gを目安に調整してみてください。

チョコレートが溶けるくらいに温まったら、しっかりと混ぜます。

冷蔵庫で冷やす

粗熱を取り、ラップを敷いた型に入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。

1時間でもある程度は固まりますが、しっかりと固めるには2時間以上冷やすのがおすすめです!

固まったら型から取り出します。

かなりずっしりとしています。

最後に、ココアパウダ―をかけたら完成です!

断面はこのような感じになっています。

かなりしっかりと潰しても、多少はバナナの粒が残ります。

今回は見栄えのために型に移してから冷やし固めましたが、私はいつも1人で食べるだけなので、混ぜた器のまま冷やしてそのままココアパウダーをかけてスプーンですくうように食べています。

チョコバナナケーキを食べた感想!

生チョコのような食感で濃厚な味わいです!

「チョコバナナケーキ」という名前にしましたが、スポンジケーキではなく、

ガトーショコラやブラウニーなどとも違い、生チョコに近い食感だと思います。

カカオのコクや深みとバナナの味が合わさり、とても濃厚でおいしいです!

バナナのねっとりとした食感や少し残っている粒感も良いです!

チョコレートとバナナの組み合わせは間違いありませんね!

高カカオチョコレートの苦みはそれほど感じません!

バナナがしっかり甘いので、高カカオチョコレートで作っていても苦みはそれほど感じません

むしろ、甘くなり過ぎず、バナナの優しい甘みがちょうどいいです。

普通のミルクチョコレートで作ったことはありませんが、甘みが強くなり過ぎるかもしれませんね。

また、高カカオチョコレートの方がよりカカオの香りやコク、深みが感じられるので、私はこちらの方がおすすめです!

ココアパウダ―が良いアクセントになっています!

仕上げにココアパウダーをかけるとココアの香りが広がり、とても良いアクセントになります!

ココアパウダ―をそのまま舐めると苦いですが、かけて食べると苦みは全く感じず、甘さが引き立っておいしいです。

ココアパウダ―は無くても全然おいしいですが、私は有りの方が断然おすすめです!

濃厚ですが食べやすいです!

お店などで売られているチョコレート系のスイーツは甘すぎたり、油分が多かったりして量を食べるのがキツいものもありますよね。

このチョコバナナケーキはとても濃厚ですが、甘みはほとんどバナナによるもので、油分や添加物もそれほどないので重たくならず、食べやすいです!

とはいえ、食べ過ぎると太るので注意です!

私はいつも2~3回に分けて食べるつもりで作っていますが、一度に全部食べてしまっています(笑)

チョコバナナケーキの私のこだわりポイント!

高カカオチョコレートを使う

前述のように、バナナがしっかりと甘いため、甘くなり過ぎないように高カカオチョコレートを使うのが私のこだわりです。

甘いのが好きな方は普通のチョコレートで作ってもおいしいと思いますが、

高カカオチョコレートでは、カカオの香りやコクも感じられるので、甘めが好きな方も一度こちらで作ってみることをおすすめします!

また、高カカオチョコレートは体にも良いので、その点も嬉しいですね!

甘いバナナを使う

バナナはものによって、甘さや食感、濃厚さなどが違います。

少し高価なものはしっかりと甘く、もっちりとした食感で濃厚な味わいです。

安いものだと甘さが控えめで、食感や後味などがさっぱりとしています。

これらは好みもありますし、用途で使い分けると良いと思いますが、

今回のチョコバナナケーキの場合は高カカオチョコレートを使っているので、甘いバナナのほうが相性が良いです。

もっちりとした食感や濃い味なども加わり、濃厚な仕上がりになるのでおすすめです!

とはいえ、安いバナナで作ってもおいしかったので、それぞれで試してみてください。

また、バナナは熟れ具合によっても甘さや食感が変わってきます。

熟れ具合は「シュガースポット」と呼ばれる、皮に現れる黒い斑点で見分けることができます。

このシュガースポットが出てきていない状態だと少し固めで、酸味がある場合もあるので、

全体的にシュガースポットが現れてきた頃が柔らかく甘みも増しているのでおすすめです!

チョコバナナケーキのおすすめポイント!

高カカオチョコレートは体にいい

高カカオチョコレートは、カカオの含有量が70%以上のチョコレートのことを指す場合が多く、

カカオに含まれるカカオポリフェノールが体に良い効果をもたらしてくれます。

  • カカオポリフェノールに含まれる食物繊維によって腸内環境が整えられ、便通が改善される
  • 抗酸化作用によって肌を若々しく保つ、血流を良くする
  • 脂肪の蓄積を抑制する

などの効果が期待できます。

また、普通のチョコレートよりも糖質が低いので、ダイエット中の方にもおすすめです!

バナナも栄養豊富

バナナも体に良く、以下のような栄養が含まれています。

  • 不溶性食物繊維
  • 水溶性食物繊維
  • ビタミンB群
  • カリウム
  • マグネシウム
  • ポリフェノール
  • ナイアシン

高カカオチョコレートと同じく、食物繊維やポリフェノールから便通改善や抗酸化作用の効果が期待でき、

カリウムやマグネシウムからはむくみ予防や生活習慣病予防など、様々な健康効果が期待できます。

チョコバナナケーキに使用する材料はどちらも体に良く、健康的なスイーツですね!

とても簡単ですぐに作ることができる

お家でスイーツを作る場合は、必要な材料が多かったり、面倒な工程がたくさんあったりして大変ですが、

このチョコバナナケーキは必要な材料が3つと少なく、調理時間も数分でとても簡単に作ることができ、さらに健康的でもあります。

手軽にお家でスイーツを作りたい、スイーツを食べたいけど健康面が気になる、といった方にこのチョコバナナケーキはおすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました